今回の小平市議会議員選挙で、立候補予定者がどのような考え方なのか、有権者が投票する際の参考にする目的で、小平市のまちづくりに関連する以下のテーマでアンケートを行い、29名から回答を頂き結果を以下の通りまとめました。

回答いただいた立候補予定者の皆様、大変お忙しい中、ありがとうございました。回答は敬称略、所属会派の少人数別順、あいうえお順に記載しています。

回答頂いた29名と、未回答の1名の合計30名の顔写真が出そろい立候補者となりました。アンケート結果をもって、看板を見てみましょう。考え方だけではなく、人柄もわかるかも。

有権者の皆様の4月21日選挙の投票の参考になれば幸いです。

PDFによるダウンロードはこちら

小平市の全11館で印刷物がおかれています。印刷はとってもきれいに出来ています。どうぞ、お手に取ってご覧ください。とくに中央公民館にはたくさん置いてあります。

・リード文(P1)、市議会の役割、ここ10年の市税収入、小平市一般会計予算歳出の概要などをもとに厳しいことを書かせていただきました。

・注力すべき政策について(P10、注力すべき政策のレーダーチャート)立候補予定者の考え方が比較しながら良くわかります。

・小川駅西口再開発について(P2)(公益施設についてのアイディア自由記述はこちら

・小平駅北口再開発について(P3)(小平駅北口再開発について小平市の役割について自由記述はこちら

・都市計画道路について(P4)(未整備の都市計画道路についての自由記述はこちら

・公共施設再編の問題について(P5,P6)(人口減少時代の公民館の役割、自由記述はこちら

・指定管理者制度について(P7)(指定管理者制度について、自由記述はこちら

アンケート結果の市議会議員選挙に立候補を検討されている予定者の皆様29名の方が回答した公開アンケートの質問はこちら

さて、政治、知りたい・確かめ隊の行った公開演説会の様子がYoutube公開されました。23人が演説しています。公開アンケートは顔写真がないので、どんな人がどんな意見かイメージ出来ないですが、映像を見ながら意見を見てみると意外なことに気づきます。

*)「わたしたちのまちのつくり方」の過去の小平市選挙における公開アンケートはこちら 

2017年小平市長選の公開アンケート

2017年都議選の公開アンケート