市民学習奨励学級は、市民団体が企画運営する講演会や講座を小平市公民館が支援する事業です。

本講座では、小平市をもっと住みやすい街にするために、

まちづくりを市民主体で実現する手法や事例を国内外から学びます。参加無料。

講座の内容と開催スケジュール

109日(土)
14:00-16:00 
小平市中央公民館
視聴覚室
講師:KDDI
総合研究所 
照井 亮
第1回  視覚情報から見出す小平のまちづくり
市民活動のなかで、玉川上水、用水路や短冊形の地割など小平の特徴としての歴史や景観を、まちづくりに反映させるために、パターン・ランゲージやヴィジュアルランゲージを使った調査と開発の方法を学びます。

10
23日(土)
14:00-16:00 
小平市中央公民館
視聴覚室

早稲田大学大学院
社会科学
研究科
博士後期課程
 福地 健治
第2回 『熟議民主主義』による、一歩進んだ市民参加
無作為抽出の市民が、事実を多角的に集中的に学んで議論を深めて、最終日に参加した市民が各項目に重みづけをした市民鑑定書を提出する。行政はこれをもってまちづくりの方針を決めるドイツでの実際の事例”プラーヌンクスツェレ(PZ)”を学びます。
1120日(土)
14:00-16:00 
小平市中央公民館
視聴覚室
国分寺市まちづくり推進課職員
第3回 ”市民が主体のまちづくりとは?”国分寺市の今
のべ1000人の市民が参加した「まちづくりサロン」を経て策定された「まちづくり条例」から「まちのデザインセンター」、「こくぶんじカレッジ」の設立まで、”市民が主体のまちづくり”を模索する、お隣りのまち国分寺市のこれまでと現状を担当課の方から伺います。

11
28日(日)
14:00-16:00 
小平市中央公民館
視聴覚室
東京大学
先端科学技術研究センター
教授
小泉 秀樹
第4回 COVID-19 に対応したスマートシティ化
新型コロナウイルス感染症対策の対応として、スマートシティ化の流れは加速します。プライバシーへの配慮、住民合意を得ながらすすめていくスマートシティ化について、事例をまじえて学びます。

12
11日(土)
14:00-16:00 
小平市中央公民館
学習室4
大妻女子大学社会情報学部
教授
木下 勇
第5回 住民主体のまちづくりの方法論
「ワークショップは決して合意形成を目的とした方法ではない。特段新しいものではなく、人類の知として蓄積されてきた集団の力を発揮する方法である。」ワークショップは道具であり、道具の特性を知り、理論を整理し、事例を紹介して頂きます。

※ 緊急事態制限が発令され、対面での開催が難しい場合、また中央公民館が閉鎖された場合、Zoomによるオンライン開催となります。その場合は参加者にご連絡します。

参加費:無料、対象:市内在住・在勤の方、定員:25名(先着順)、締切2021年10月5日(火)

問い合わせ:電話080-5071-0255(神尾)、E-mail dancinheads@gmail.com (篠崎)

※)市報こだいらには、間違った電話番号が載せてしましました。大変失礼しました。上記の電話番号にお問い合わせください。

企画・運営:わたしたちのまちのつくり方、主催:小平市教育委員会

申込はこちら

全5回参加が前提ですが、どうしても参加できない方は部分参加申し込みも可能です。欠席予定とされた回も、参加できるようになった時はご参加いただいて構いません。

※)2021年9月21日16時で申込は定員25名に達しましたので締切となります。以後、エントリー頂いた場合は補欠扱いとなります。但し、オンライン開催になった場合は、参加できますのでご案内させていただきます。

    お名前(必須)

    メールアドレス(必須)

    電話番号 xxx-xxxx-xxxx (必須)

    第1回 10/9「視覚情報から見出す小平のまちづくり」講師:照井亮 
    第2回 10/23『熟議民主主義』による、一歩進んだ市民参加講師:福地健治 
    第3回 11/20 ”市民が主体のまちづくりとは?”国分寺市の今:国分寺市まちづくり推進課職員 
    第4回 11/28 COVID-19 に対応したスマートシティ化 講師:小泉 秀樹 
    第5回 12/11 住民主体のまちづくりの方法論 講師:木下 勇 

    確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
    はい

    個人情報を送信いただくにあたりプライバシーポリシーをご確認ください。

    ※)フライヤーダウンロードはこちら、日程がわからなくならないようにダウンロードしておいてください。