小平市選出の都議会議員を決める四年に一度の重要な選挙は、2017年7月2日(日曜日)に行われます。

わたしたちのまちのつくり方の有志で都議会議員立候補予定者の4名の方に、小平市のまちづくりに関しての公開アンケートを行いました。

都議会議員はどんな仕事をしているのでしょうか?市政と比べても都政は小平市民と距離感があり、どの候補に投票すれば良いか迷う人も多いでしょう。

小平市のH27年度の一般会計歳入の約627億円のうち、都支出金は約81億円で13.1%をしめており、保育園の整備交付金や、都市計画道路の整備費用などにあてられており市政とも関係しています(※1)。

ご回答いただいた立候補予定者は、斉藤あつし氏(民進党)、佐野いくお氏(都民ファーストの会)、鈴木大智氏(日本共産党)、高橋のぶひろ氏(TOKYO自民党)(敬称略、あいうえお順、ポスターの氏名で表記)の4名です。小平市の都議会議員の枠は2名です。

公開アンケートのテーマは以下の4つのテーマで、6つの質問をしています。

  • 新五日市街道(都市計画道路3・3・3号線)について
    東京都の第四次事業化計画、及び、小平市の都市計画マスタープランでこの10年間で優先的に整備する路線として、都施行の新五日市街道(小平3・3・3号線)の新小金井街道より東側が選ばれました。整備の必要性、沿道のまちづくりについて質問しています。
  • 横田基地軍民共有化について
    多摩地区にある米軍基地である横田基地軍民共有利用については、石原元知事以来、都知事が話題にしてきました。最近はあまりニュースになりませんが、小池知事も推進しています。必要性について、騒音などに悩まされる周辺の市、町の住民への対応について質問しています。
  • 東京五輪2020に対する取り組みについて
    2020年の東京五輪への小平市の選出都議としての取り組みについて質問しています。
  • 都市農業について
    H27年に施行された「都市農業振興基本法」に基づき、H28年には、「都市農業振興基本計画」が閣議決定され、東京都は「東京農業振興プラン」を策定するとしており、取り組みが注目されます。

どんなまちづくりをする都議を選ぶかで小平は変わります。

立候補予定者の方々の『小平のまちづくり』についての考え方を参考にして、投票に行きましょう。

公開アンケート回答まとめダウンロード版はこちら

新五日市街道(都市計画道路3・3・3)と横田基地の全域地図はこちら

新五日市街道の小平市、小平3・3・3号線の地図はこちら

配布に協力頂ける方、下記の私の連絡先までご連絡ください。

なお、立候補予定者4名に行った、公開アンケート質問は2017年7月2日 都議選挙立候補予定者公開アンケートはこちらをご覧下さい。

 

 

(神尾直志  kamihoo2011@gmail.com)